長期投資の魅力

確定拠出年金制度が導入された背景

確定拠出年金は2001年に導入された比較的新しい日本の年金制度です。アメリカではその前から導入されており、内国歳出法401条項に基づく確定拠出年金制度が主流になっていました。日本はそのアメリカで運用されている確定拠出年金制度を取り入れたことから別名「日本版401k」と言われています。 確定拠出年金の基本的な考え方として自分の判断で自分の年金を育てるというものです。これまでは企業あるいは個人で毎月年金を積み立てておりましたが、自分の選んだ運用方法で自分の資産を守っていくという形になります。運用結果が大きくなれば、将来的に受け取る金額は増えますが、運用がうまくいかない場合には、受け取る金額は減ります。 こうした背景には企業の負担軽減が一つの目的としてあります。少しずつ各企業の業績は上向きになり、株価も上昇傾向にありつつも、企業年金制度の維持が困難という状態が続いています。さらに転職する人も増えている状態で、転職先に今まで蓄積してきた年金を移し替えたいというニーズも高まっています。 このような様々な時代背景があり、すべて自己責任という形で資産運用し、年金を育てるという動きが盛んになってきたのです。 ためになるコラムをご紹介します。確定拠出年金で無理なく殖やす方法とは

長期投資をはじめるタイミング

長期投資をはじめるのはいつ頃が良いのか?と考える方もいらっしゃると思います。時期としては年齢が若ければ若いほど良いのですが、しかし、それだけ考えれば良いという問題でもありません。一般的に、景気の良い時期にはじめる方が良いのでは?という見解もありますが、実はこれは逆で、不景気であるほどチャンスは多いのです。 不景気の時は株価が全体的に下落している傾向にあります。この時に株を購入するということは相場を見た時に安い価格で仕入れることができる、ということになります。安い価格で仕入れることができれば、価格が上昇したタイミング、つまり景気が回復傾向にあるタイミングで売却することで利益になりますので、株を購入するタイミングというのはとても重要なのです。 これは一般のショッピングと同じ考え方で、欲しい商品があったとしても通常価格で購入した直後にセールが行われて、買った商品が値下げされるとガッカリされると思いますが、この理屈とまったく同じことが言えます。つまり、長期投資を考えるなら、将来的に売却することが前提ですので、景気が良くないとされるタイミングで購入し、景気が良くなった頃に売ることを考えて投資をしましょう。 情報収集はこちらから長期投資に関する最新ニュース

安定した資金づくりに最適なインデックス投資

将来において受け取れる年金が少なくなるといわれています。公的年金については、今後、少子高齢化進むようになるため、さらに、このような状態が増えるようになるといわれています。そのことから、老後の生活にゆとりが持てないため、公的年金を補うような資産づくりを行なわなくてはならないとされています。 景気があまりよくない状況が続いている日本では、大きな資金づくりができなくなっているため、今後、資金づくりにおいてはしっかりと行なう必要があるとされています。 しかし、いま金利が低いことから、銀行預金では満足した利息がつかず、資金づくりとして効果が期待できなくなっているといわれています。 預金よりも高い利益を追求すると、リスクの高い方法ばかりとなります。この場合、貯めた資産を失うことがあるため、安心で安定した方法によって投資を行なう必要があります。 最近、株を活用した投資が注目されるようになっています。株の投資では、株の値上がり益によって利益を上げるといったことが行われていますが、より安全な投資方法として、日経平均株価などを目指して株を買うインデックス投資への関心が貯まるようになっています。 インデックス投資あるなら、安定した資金づくりに効果があるといわれています。 金融&IT業界の情報ポータルサイト「GoodWay」より注目記事をご紹介します。【アブラハム・グループ・ホールディングス】2015年 アブラハム グループ 創業10周年に向けて新会社アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社の設立を発表しています。

ドルコスト平均法を取り入れるメリット

ドルコスト平均法は値動きのある商品に対して一定の周期で一定価格買い続ける投資法です。時間を分散して購入することになりますので、高値掴みのリスクを抑える役割があります。また、毎回購入価格が変わっていることになりますので、平均買い付けコストを低くすることになり、一定口数分買い続けるよりも得することになります。 ドルコスト平均法は値動きのある商品に対して有効ではありますが、一直線に株価が上昇していたり、下落している状況においては必ずしも有利に働く訳ではありません。値動きのある商品は安い時にまとめて買って、高くなった時に売る方が絶対的に利益となりやすいことは明らかですが、現実問題、それが確実にできる人はいません。 低い価格でうまく買い続けようとしても大体は後悔してしまうことでしょう。その後悔をなくすために有効なのがこのドルコスト平均法なのです。ドルコスト平均法は高値掴みを避けて、かつ気休めにもなります。機械的に一定周期で買い続けるのですから、あれこれタイミングに迷いながら買い続けるよりはずっと精神的にも良いでしょう。 ドルコスト平均法は平均買い付けコストを下げるだけでなく、リスクを下げながら投資のストレスを和らげる効果もあります。

保管方法から純金積立会社を選ぶ

積立の方法には色々なものがありますが、ここではその方法の一つとして現物積立の代表である純金積立について見ていきたいと思います。純金積立は安定した資産であるため、リスクをコントロールしやすく、積立の効果を出しやすいというメリットがあります。ただし、このメリットも良い会社に依頼しなければ台無しになってしまう可能性もあります。買付の手数料などについても考えながら、どこの純金積立サービス会社に依頼するのかを考えていく必要があります。 さらにこれと合わせて検討しておくべきなのが、それぞれの依頼会社において金がどのように保管されるのか、ということです。保管の方法には大きく二つの種類があり、特定保管と消費寄託と呼ばれています。会社を選ぶ際にはこのどちらを採用しているかも確認しておきましょう。 特定保管というのは、それぞれの積み立てている金を自社資産と顧客資産を分別舌上で保管する方法です。つまり、その金についてはあくまでも顧客個人の資産として保管を行っているため、もし会社が倒産してもその損害に巻き込まれることがありません。対して消費寄託は、その金について取扱い会社の資産として扱うものです。その代わり利率が高く設定されています。

安心した資金づくりができる不動産投資信託を活用した投資

日本は、バブルが崩壊してから景気がよくない状態が続くようになっています。資産形成は簡単ではなくなっているため、従来の資金づくりでは効果が期待できなくなっているといわれています。 今まで資金づくりでは、銀行預金が主な方法として活用されてきました。しかし、景気があまりよくない状況では、長く金利が低い状態なっているのです。そのことから、最近はもっと効率よく資金づくりができる投資の活用が行われるようになっています。 投資では、最近、比較的にリスクの低い不動産を活用した投資に関心が高まるようになっています。不動産投資では、不動産売買で利益を作る方法や賃貸によって利益を得る方法がありますが、これらの不動産投資では、自分で行なうと失敗する可能性もあるため、最近は、不動産投資信託を活用した方法が行われるようになっています。 不動産投資信託は、多くの人から資金を集めて不動産投資を行なって資金を作ります。そのため、この方法では、自分を行なった場合よりも効率がよく稼ぐことができるため、安心とされています。この方法は、安定した資金づくりができる方法として活用されるようになっているため、今後は、資金づくりとして積極的に活用されることが期待されています。

リスクを抑えて投資するなら複利で運用

資産運用をこれからはじめる方はお金を増やしたいという欲求と同時に、失敗させたくない、と考えることでしょう。資産運用のポイントはリスクを抑えながら長期的にじっくりと資産を育てることです。これができれば大きな失敗をすることはほとんどないでしょう。 逆に短期的にサクサクと大きな利益を求める方は、その分リスクが大きくなることから早々に資産を減らしてしまい、次第に投資を諦める方も多いです。実は投資は長期的にコツコツと投資をしている方がずっと失敗の可能性を少なくし、資産を増やすことができるのです。 長期的に資産運用をすることのメリットとして、複利効果で莫大な資産に育て上げることも期待できるのです。複利効果のポイントとしては資産が元本の2倍になれば元本割れの可能性がきわめて低くなることです。 たとえばリスクの高い金融商品として株式投資があります。この株式投資でも見込まれる評価損は48%程度ですので、運用資産の半分が評価損であっても元本の2倍になっていれば元本割れを起こすことはありません。運用率も年率10%前後なら達成でいる範囲です。 とはいえ、相場は常に値動きがありますので、毎年コンスタンスに目標運用率を確保することはできませんが、長期的に投資していれば大体10%くらいには慣らされます。

資産形成に最適な長期投資

将来、公的年金が今よりも少なくなるといわれている日本では、この公的年金不安を解消するために、さまざまな方法が行われるようになっています。 たとえば、年金づくりとして銀行預金があります。銀行預金は、金利が高い時代には長く預けることによって、満足できるような資金形成ができたようです。しかし、景気があまり良くない状況が続く日本では、バブルが崩壊してからは、低金利が続くようになっています。 このような状態が続いてからは、資金を作ることが難しくなっているため、もっと利益が大きく、効率のよい資金づくりが必要とされているといってよいでしょう。 高い利益が期待できる方法として投資があります、投資は比較的に短い時間で大きな資金が作れることが特徴とされています。これは投資リスクが高いものですが、中には長い時間をかけて利益をつくる投資方法もあります。毎月決めた金額をコツコツと投資する積立投資は、ファンドを活用して金融商品への投資を行います。 ドルコスト平均法の採用によって安定した利益を上げることができることから、長く行う長期投資では効果があるといわれています。このような長期投資はリスクが少なく、資産形成において最適とされています。

融資が受けられやすいマンション経営

マンション経営は莫大なお金が必要なので二の足を踏む方も多いと思います。確かにマンション経営を行う上で、数千万円以上のお金は必要になりますが、はじめからすべて準備する必要もありません。マンション経営をはじめる上で物件はローンで購入することがほとんどで、自己資金だけではじめた、という方はほとんどいません。 ローンというと、現在マイホームのローンを組んでおり、返済途中だから新たにローンを組むことができないのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、その心配もありません。マンション経営をおこなうためのローンはマイホームのローンを組んでいても融資が受けやすいのです。 マイホームの場合は住むことを目的としていますので、当然そこから利益は生まれません。そのため、会社員や公務員の方なら毎月のお給料の一部を返済に充てることと思いますが、マンション経営の場合は購入したマンションの部屋を賃貸して家賃収入を得て、その一部をローンの返済に充てるので、担保価値のある資産なのです。 金融機関からしても回収ができない、というリスクは小さいので、ローンは組んでいても一定の年齢や年収、用件をクリアしていれば十分ローンを組むことはできます。 マンション経営者必見の人気記事は以下へ!マンション経営を始める注意点とは?