長期投資の魅力

保管方法から純金積立会社を選ぶ

積立の方法には色々なものがありますが、ここではその方法の一つとして現物積立の代表である純金積立について見ていきたいと思います。純金積立は安定した資産であるため、リスクをコントロールしやすく、積立の効果を出しやすいというメリットがあります。ただし、このメリットも良い会社に依頼しなければ台無しになってしまう可能性もあります。買付の手数料などについても考えながら、どこの純金積立サービス会社に依頼するのかを考えていく必要があります。 さらにこれと合わせて検討しておくべきなのが、それぞれの依頼会社において金がどのように保管されるのか、ということです。保管の方法には大きく二つの種類があり、特定保管と消費寄託と呼ばれています。会社を選ぶ際にはこのどちらを採用しているかも確認しておきましょう。 特定保管というのは、それぞれの積み立てている金を自社資産と顧客資産を分別舌上で保管する方法です。つまり、その金についてはあくまでも顧客個人の資産として保管を行っているため、もし会社が倒産してもその損害に巻き込まれることがありません。対して消費寄託は、その金について取扱い会社の資産として扱うものです。その代わり利率が高く設定されています。

安心した資金づくりができる不動産投資信託を活用した投資

日本は、バブルが崩壊してから景気がよくない状態が続くようになっています。資産形成は簡単ではなくなっているため、従来の資金づくりでは効果が期待できなくなっているといわれています。 今まで資金づくりでは、銀行預金が主な方法として活用されてきました。しかし、景気があまりよくない状況では、長く金利が低い状態なっているのです。そのことから、最近はもっと効率よく資金づくりができる投資の活用が行われるようになっています。 投資では、最近、比較的にリスクの低い不動産を活用した投資に関心が高まるようになっています。不動産投資では、不動産売買で利益を作る方法や賃貸によって利益を得る方法がありますが、これらの不動産投資では、自分で行なうと失敗する可能性もあるため、最近は、不動産投資信託を活用した方法が行われるようになっています。 不動産投資信託は、多くの人から資金を集めて不動産投資を行なって資金を作ります。そのため、この方法では、自分を行なった場合よりも効率がよく稼ぐことができるため、安心とされています。この方法は、安定した資金づくりができる方法として活用されるようになっているため、今後は、資金づくりとして積極的に活用されることが期待されています。

リスクを抑えて投資するなら複利で運用

資産運用をこれからはじめる方はお金を増やしたいという欲求と同時に、失敗させたくない、と考えることでしょう。資産運用のポイントはリスクを抑えながら長期的にじっくりと資産を育てることです。これができれば大きな失敗をすることはほとんどないでしょう。 逆に短期的にサクサクと大きな利益を求める方は、その分リスクが大きくなることから早々に資産を減らしてしまい、次第に投資を諦める方も多いです。実は投資は長期的にコツコツと投資をしている方がずっと失敗の可能性を少なくし、資産を増やすことができるのです。 長期的に資産運用をすることのメリットとして、複利効果で莫大な資産に育て上げることも期待できるのです。複利効果のポイントとしては資産が元本の2倍になれば元本割れの可能性がきわめて低くなることです。 たとえばリスクの高い金融商品として株式投資があります。この株式投資でも見込まれる評価損は48%程度ですので、運用資産の半分が評価損であっても元本の2倍になっていれば元本割れを起こすことはありません。運用率も年率10%前後なら達成でいる範囲です。 とはいえ、相場は常に値動きがありますので、毎年コンスタンスに目標運用率を確保することはできませんが、長期的に投資していれば大体10%くらいには慣らされます。

資産形成に最適な長期投資

将来、公的年金が今よりも少なくなるといわれている日本では、この公的年金不安を解消するために、さまざまな方法が行われるようになっています。 たとえば、年金づくりとして銀行預金があります。銀行預金は、金利が高い時代には長く預けることによって、満足できるような資金形成ができたようです。しかし、景気があまり良くない状況が続く日本では、バブルが崩壊してからは、低金利が続くようになっています。 このような状態が続いてからは、資金を作ることが難しくなっているため、もっと利益が大きく、効率のよい資金づくりが必要とされているといってよいでしょう。 高い利益が期待できる方法として投資があります、投資は比較的に短い時間で大きな資金が作れることが特徴とされています。これは投資リスクが高いものですが、中には長い時間をかけて利益をつくる投資方法もあります。毎月決めた金額をコツコツと投資する積立投資は、ファンドを活用して金融商品への投資を行います。 ドルコスト平均法の採用によって安定した利益を上げることができることから、長く行う長期投資では効果があるといわれています。このような長期投資はリスクが少なく、資産形成において最適とされています。

融資が受けられやすいマンション経営

マンション経営は莫大なお金が必要なので二の足を踏む方も多いと思います。確かにマンション経営を行う上で、数千万円以上のお金は必要になりますが、はじめからすべて準備する必要もありません。マンション経営をはじめる上で物件はローンで購入することがほとんどで、自己資金だけではじめた、という方はほとんどいません。 ローンというと、現在マイホームのローンを組んでおり、返済途中だから新たにローンを組むことができないのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、その心配もありません。マンション経営をおこなうためのローンはマイホームのローンを組んでいても融資が受けやすいのです。 マイホームの場合は住むことを目的としていますので、当然そこから利益は生まれません。そのため、会社員や公務員の方なら毎月のお給料の一部を返済に充てることと思いますが、マンション経営の場合は購入したマンションの部屋を賃貸して家賃収入を得て、その一部をローンの返済に充てるので、担保価値のある資産なのです。 金融機関からしても回収ができない、というリスクは小さいので、ローンは組んでいても一定の年齢や年収、用件をクリアしていれば十分ローンを組むことはできます。 マンション経営者必見の人気記事は以下へ!マンション経営を始める注意点とは?